« 執念の鎌倉シャツ | トップページ | 梶原放送局 出演 »

2013年6月24日 (月)

「赤い追跡者」(新潮社) 出版

赤と黒を基調とした表紙が気に入っている。

帯は報道サスペンスとなっている。

サスペンス小説と位置付けられているのでしょう。

田原総一朗さんが「推理小説よりも面白い」と帯に書いてくれた。


「赤い追跡者」(新潮社)を書き上げるのに、足掛け三年余り。
.
前作「ガラスの巨塔」以降、次の小説はまだですかと
多くの方から声をかけて頂きながら随分時間がかかってしまった。

小説家の体質になるための時間と言い換えてもいいかもしれない。

かなり多くのものを捨てなければ、小説は書けないということを思い知った。

今後は小説家稼業に傾斜していければいいのだが、困難な道だ。

Photo

|

« 執念の鎌倉シャツ | トップページ | 梶原放送局 出演 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事