« 中島みゆきさんの温もり | トップページ | 「のだめカンタービレ最終楽章」を見て »

2010年11月20日 (土)

男が惚れる男 杉田秀夫さん

新刊「ゆれるあなたに贈る言葉」(小学館)の読者から、

第六章~こんなリーダーに仕えたい~

に記した杉田秀夫さんのことを読んで、

涙が止まらなかったとツイッターをもらう。

プロジェクトXには、様々な「男」が、登場した。

事にあたったときの決断力、長い歳月を耐え忍ぶ執念、

人を包み込む器の大きさ、さらには出処進退の潔さ。

多くの本物の男たちの顔が浮かぶが、

中でも瀬戸大橋5千人を率いた指揮官・杉田秀夫さんは、

私にとって憧れである。

「男が惚れる男」と杉田さんは部下から呼ばれたが、

これほどのほめ言葉が、あるのだろうか。

詳しくは本に書いたが、杉田さんほど、指揮官としての能力、

技術者としての現場感覚、家族への愛情、去り際の見事さなど、

どれをとっても見事な人間はなかなかいないだろう。

何をなし、どう生きたかが

人生において重要だと考えたとき、

私の尊敬の念は、無名でも、本物の男に向かう。

花便り

ウインターコスモスは、北アメリカ原産の花だ。

通常のコスモスより、花が小さく黄色。丈夫な花で

地植えすれば、霜の季節も乗り切ってしまう。

他の花より、存在感は薄いが

いつの間にか、長生きしてくれる。

ある日ふと、可愛くなる花である。

値段も安く、買うのも手ごろだ。

花言葉は「調和」

ウインターコスモスらしい。Winter

|

« 中島みゆきさんの温もり | トップページ | 「のだめカンタービレ最終楽章」を見て »